住宅ローンの審査に落ちてしまうと、その理由を明確に教えてもらえないだけに、不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)ですね。審査に落ちた理由がはっきり解明されているのだったら、改善のしようもありますし、理由により諦めることもできるでしょう。でも、審査に落ちた理由は本人にも非公開であるのが普通です。不動産業者や銀行の担当者などが大丈夫だと言うとしても、実際にもうしこんでみれね、審査に落ちてしまったというケースも少なくないことでしょう。住宅ローン(住宅の購入だけでなく、リフォームや増築などが目的で融資を受ける際も住宅ローンと呼びます)の審査では、申込者が返済していけるかどうかを判断を行うための項目が幾つも設定されていて、項目ごとに点数をつけていると言われているんですね。その点数の合計が合格基準として達していなければ、審査に落ちてしまいますね。また、少額の借り入れがくり返しあったり、まだ完済出来るからいない借り入れなどがあると、不利になってしまう訳です。本人の健康状況が問題になる事もありますし、保証人がネックになる事もあります。クレジットカード(一時期、使いすぎによる破産などが社会問題になったこともありました)を複数枚持っているケースでは、審査を申込む1週間以上前には解約しておいた方が良いと言われています。それに、申し込みの際に、借り入れがあるのにそれを正確に記載しないと、嘘つきとみなされてしまうそうですので、正直に書いた方がいいでしょう。住宅ローン(普通銀行や信用金庫の他、信販会社などでも取り扱っています)の審査は、勤め先の信用度や勤続年数、今までの借り入れ・返済状況、買おうとする物件の評価、返済比率、家族構成などが総合的に判断されます。住宅ローン(普通銀行や信用金庫の他、信販会社などでも取り扱っています)の審査に落ちてしまって、今後、申込むのが不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)なら、住宅ローン(一定の条件を満たさないと審査に通りませんが、その審査基準はその金融機関によって畭なります)アドバイザーに相談してみるのも有効な手段の一つそうですー